【目次】コーチング に関する記事一覧はこちら

コーチングの基礎知識について、そろばんや子育てなどを例にしながら、僕なりに書いた記事の一覧です。 コーチングについて、ちょっと知りたいという場合はこちらを読んでみてください。  ・スコトーマ  ・エフィカシー  ・コンフォートゾーン  ・コンフォートゾーン(つづき)  ・ゴール設定と臨場感  ・invent on the way  ・抽象度 …

続きを読む

【目次】教室の出来事 に関する記事一覧はこちら

そろばん教室、ロボット教室での出来事をコーチングに絡めて書いた記事の一覧です。 教室での子どもの様子やそれに対する僕の接し方、考え方などを書いています。 教室の様子を知りたい方は、こちらをご覧ください。  ・無理!できない!  ・【want to】になった結果、神ってしまった!  ・うまくいかないとわかっていても、応援する  ・プライドとエフィカシー  ・ロボッ…

続きを読む

【目次】セルフコーチング実践 に関する記事一覧はこちら

コーチングを学んで、僕なりに実践しているセルフコーチング実践例についての記事です。 プライベートでの実践例が多いですが、コーチングを知る前とその後でどんな風に変わるのか、僕自身が実験体となってその様子を書いています。 コーチングの実践の仕方、変わり方は人それぞれですので、あしからず。。。  ・筋トレして、クマを倒す!  ・読書と早起き  ・ピアニストへの道  ・資…

続きを読む

【目次】プライベート(子育て) に関する記事一覧はこちら

僕のプライベートの記事一覧です。 プライベートといっても、ほとんどが子ども関連のことなので、我が家の子育てを垣間見てみたい方が、もしも、もしかしていらっしゃったらご覧くださいませ。 一応、コーチング的な要素も多少は入れているつもりです。  ・先生も、家では・・・  ・収穫祭に向けて  ・魚人間とちゃらんぽらんとお姫様  ・魚人間、ゲーム依存症の危険

続きを読む

仕組みを理解する

僕は、コーチングを知る前は スピリチュアルとか引き寄せの法則にハマってました。 一時期は、江原さんにハマって著書を読みまくって 魂レベルがどうのこうの・・・とよく言ってました(笑) ところで、たまに引き寄せ系の自己啓発本を読むと思うのですが 書いてあることはコーチングとあんまり変わらなかったりします。 ○○になりたければ、○○しましょう。 そのためには○○するのはやめま…

続きを読む

魚人間、ゲーム依存症の危険

今時の子どもはだいたいゲーム機を持っています。 教室に来る子もほとんどがもっているみたいです。 子どもとゲームについては 色々な考え方があると思います。 無制限にやらせる人もいれば 時間を決めてやらせたり、いっそ買わないという人も。 個人的には、無制限にやらせるのはけしからん、とは思いませんし ゲームを買わない人はえらい!とも思いません。 家庭ごとに色々な子育て観…

続きを読む

ストレスとの決別、実践例

生きていくうえで、ストレスとの戦いは避けて通れません。 できれば、ストレスのない生活をおくりたいものです。 ストレスの原因は何かというと お金、時間、人間関係、仕事、健康など色々あります。 おそらく、ストレスを抱える誰もが原因は把握しているものの これらを取り除くのはなかなか難しいのが現状だと思います。 ところで、コーチングでは【want to】が基本です。 【have…

続きを読む

遅刻や宿題忘れでも、ビクビクしなくてOK

この間、遅刻してきた子がいたので 「何してたの?」と聞きました。 するとその子は、黙ってもじもじと 小声で言い訳をし始めました。 ・・・ちょっと待って。 別に怒ってないし、ただ気になって聞いただけだから(笑) この子なりに、遅刻したことを悪いと思っていたんでしょう。 その結果、怒られると思い込んでいたはずです。 けれど、僕は怒るつもりは全くありませんでした。 純…

続きを読む

そろばんの検定について

そろばんには級があります。 うちの教室では10級からスタートします。 そろばんの検定は、実施する団体によって 同じ級でもレベルが違ったりします。 ちなみにうちは、全国珠算会という団体で わりと新しい団体になります。 さて、うちの教室では、検定は毎月1回、授業中に実施しています。 受験は任意です。 ざっくりですが、受験率は6~7割くらいでしょうか。 別に検定を受け…

続きを読む

やらずに後悔はあっても、やって後悔はない

そろばんは単調な作業です。 真面目な子は、黙々と練習しますが 多くの子は、だらけてしまうこともあります。 なので、毎回同じように練習させるのではなく たまには変化をつけるようにしています。 よくやる事例をひとつ紹介します。 だらける子の定番発言で 「はやく終わる時間にならないかな」 というのがあります。 まぁ、早く帰りたい気持ちはわかります。 かと言って、早く…

続きを読む