自慢と自戒のレゴテーブル

みなさんの子どもの部屋ってどんな感じでしょうか?
やっぱり散らかってますかね?

うちは、長男坊と次男坊で1部屋あてがって
遊び用の部屋にしています。

部屋には、プラレールやらトミカやらありますが
ここ数年はめっきりレゴばかりで遊んでます。

そのレゴですが、通常、買ったら作りますよね。
で、作ったら当然それで遊びますよね。

なので、数が増えると、作品が増えて
それなりに美しいレゴの世界が完成します。

ところがあるとき、それまで作ったものを
すべてバラバラにしてしまう事件がありました。

詳しくは書きませんが、犯人は僕です。
どんな事件だったのかは想像におまかせします(笑)

さぁ、これが悪夢の始まりでした。

バラバラになったものの、二人とも作るのは大好きなので
僕はてっきり、もう一度すべて作り直すと思っていました。

しかし、あまりにもブロックの数が多くて探すのが大変で
ひとつも作れずに諦めてしまいました。

結局、バラバラのまま適当なものを作って遊ぶようになり
ほとんどのブロックは部屋中に散乱してカオス状態。
当然、足の踏み場もなく、掃除も出来ません。

しびれを切らして、ついに年末に一晩かけて(徹夜)
部品を色ごとに分け、そこからさらに商品別に分別しました。
(単純作業をやり始めると止まらないタイプです(笑))

さぁ、これならもう一回作るだろう!
と思ってましたが、それでもほとんどつくらずのまま。

部品が足りないし、やっぱり数が多くて
めんどくさいとのこと。

それに比べて、バラバラのまま適当に遊ぶほうが
ラクで楽しいことを知ってしまったのです。

しかし、部屋がこのままカオス状態なのは許せません。
そこで、作りました。

4093.jpg

ほぼ余った廃材で作ったので、見た目はひどいですが(笑)
計18個の引き出しを備えた収納量抜群のレゴテーブル!

構想制作あわせて半日の急造モノにしては
我ながら、なかなかの出来栄えです。

多分、引き出し18個もあれば、入りきると思います。
問題は、きちんと毎回入れるかどうか。。。

結局床に散乱する羽目になるんでしょうが
一応、子どもも手伝って作らせたので
しっかり使ってくれることを祈りましょう。

コーチング的には、散らかった子供部屋を見て
片付けてきれいに遊べ!というのはドリームキラーです。

完成したレゴブロックを整然と机に並べ
美しく、楽しそうに遊ぶのはテレビの中だけ。

売る側は、客に商品を買ってもらいたいので
そんな美しい遊び方を映像化して洗脳しようとします。

しかし、テレビで見た遊び方を望んでいるのは
実は洗脳された親だけです。

子どもも、始めはテレビで学んだ通りの遊び方をしてみるものの
飽きてきたら自由に作り変えて遊びたいのです。

また、遊びの世界観も商品に設定された世界観ではなく
いま自分たちがハマっていることに関する独自の世界観で遊びます。

僕の経験上、メーカーの設定した遊び方で楽しむ子どもは少数派です。
たいてい、オリジナルの遊び方を見つけていきます。

商品に設定された世界観のなかで美しく遊ぶ様に洗脳された大人から見ると
なんてしょうもない遊び方をしてるんだと思ってしまいます。

でも、それでいいんです。
子どもに遊び方を強要するのはドリームキラーです。

と、最後は自戒の意味を込めて書きましたが
本音では、高かったしもう1回くらい作ってくれないかな~
と思ったりしながら様子を見ています(笑)