ユーチューブで臨場感

最近、ピアノに夢中です(笑)

去年は、1年で5曲
弾けるようになりましたが
今年はすでに2曲覚えて
現在、3曲目を練習中です。

しかも、今年のほうが
曲の難易度は高めです。

あ、弾けるようになったと言っても
暗譜して、通して弾けるけど
少々のミスタッチはご愛嬌
といったレベルです(笑)

まぁ、誰かに聞かそうと思って
やってるわけではないので
自分が満足できれば
それでいいのです。

ところで、ユーチューブには
僕みたいなおじさんが
独学でピアノ弾けるようになりました!
という動画が結構あります。

さすが、動画にアップするだけあって
かなり上手な人が多い。
あくまで独学レベルですが。。。

そういうのを見ると、自然と
モチベーションが上がってきます。

ただ、失礼な話ですが
動画を見る限り
どう考えても、特別な才能が
あるようには見えません。

ということは
極端にセンスのない人を除き
普通の人なら
練習すれば、誰でも出来る
ということです。

まして、僕なんて
わずかながらピアノの経験があるので
絶対できるはずです。

僕の頭の中では
動画のおじさんのように
革命のエチュードを
優雅に奏でている姿がリアルに
思い浮かんでいます。

それがいつになるのかは置いといて(笑)

そして、これは、まさに
ゴールに対して臨場感をもった
という状況です。

ユーチューブ様様です。

やる気が起きるかどうか
練習を続けられるかどうか、は
この例でもわかるように
臨場感の有無にかかっています。

おそらく、有名ピアニストの
動画ばかり見ても
臨場感は起きないでしょう。

プロの演奏を見ても
どうせ僕には無理だ・・・
と思ってしまいます。

もちろん、高いエフィカシーがあれば
臨場感を持てなくはないですが
なかなか難しいと思います。

ゴールは現状の外が基本ですが
あまりに離れすぎると
臨場感を維持するのが難しいです。

なので、最初のうちは
現状の一歩外側くらいの
ゴールが良いかもしれません。

ところで、さっき僕は
動画のおじさんがひけたから
自分にも出来るはずだ!
と書きました。

コーチングの考え方に置いて
他人と比較するのは基本的にNGです。

あの人よりも頭が良くないから
合格できなかった。

あの人よりも収入が少ないから
我が家は旅行に行けない。

という感じで
他人と比較すると
なにか失敗した時に
他人のせいにしてしまいます。

でも、さっきの例のように
エフィカシーを上げるためであれば
他人と比較しても
OKだと僕は思っています。

もちろん、他人を見下して
優越感に浸る目的では
何の意味もありません。
むしろ、弊害でしかありません。

どっちが上とか下とか
そういう上下関係ではなくて
良きライバル関係
みたいな位置づけでとらえて
自分にも出来るはずだ!
という気持ちにもっていくことは
手法としてはOKではないかなと思います。

そういえば、当初は
リストのラ・カンパネラが
僕のピアノのゴールでしたが
弾きたい曲が増えすぎて
埋もれてしまってます(笑)