スタンディングデスク導入

blogging-336376_1920.jpg


一般的には、面倒くさいと思われがちな
引っ越しとか、模様替えとか
意外と僕は好きです。

引っ越しに関していえば
大学で1人暮らしを始めたときから数えて
6回しています。

何が好きかというと
新しい場所に移ることが
純粋に楽しいです。

あとは、荷物の整理。
これも楽しいです。

僕はかなり断捨離が得意で
物を捨てる瞬間に快感を得ます。
病気ですかね??(笑)

こまめに片づけるよりは
ある程度ためておいて
ドカっと捨てるのが好きですね。




さて、そんなわけで
職場である教室も
これまで何度も模様替えをしてきました。

そして、今週末
久しぶりにやろうかな、と
考えています。
というか、やります(笑)

というのも
先日、例のお師匠さんから
スタンディングデスクがいい
という話を聞きました。

事務仕事などで長時間、座っているひとは
そうでない人に比べて
寿命が短くなるそうです。

また、立って作業する方が
集中力が増すという研究結果もあるそうです。

そういえば
ロボット教室の生徒は
立って作業する子が多いですが
もしかしたら、集中するあまり
無意識に立ってしまうのかもしれませんね。

で、スタンディングデスクについて
色々自分でも調べてみたり
自身の経験からも
導入してみよう!
という結論に至りました。

一応、自宅でも
ここ1週間は
朝の読書の時間は
立って読む練習をしています。

最初はしんどかったですが
今はスクワットをしながら読むくらい
慣れてきました。

とはいえ、職場となると
長時間にわたるので
果たして耐えられるのかどうか。

いささかの不安はありますが
今使っているデスクは
リサイクルショップに引き取ってもらう
手配も済ませたので
もはや、後には引けません(笑)

まぁ、不安よりも
楽しさ、期待感の方が高いんですけどね。




マンネリ化とは、一般的には
あまりいい意味では使われません。

コーチングにおいても
マンネリ=現状の中、なので
ゴールを目指すうえでは
そこに安住することはよくありません。

常に何か新しいことを
しかも、ワクワクすることを
探し、そして実行する。

些細なことでもいいので
変わり続ける(継続する)ことが
成長するためには、不可欠だと思います。